ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-15 [ Wed ]
テーマ:「国の来年度予算編成」

【田村厚労相へ提言、厚労省で】 news01.jpg


【東京】鈴木英敬知事は十四日、厚労省や内閣府などを訪れ、来年度予算に向け、「地方目線」の少子化対策や文化施設の地方独立行政法人化など八項目を提言した。

 国の来年度予算編成が本格化する前に、県の提言や提案を説明し、反映してもらおうと、毎年恒例で活動。今回は、この日と十五日の二日間にわたり、総務省、厚労省、国交省、経産省、農水省、内閣府の一府五省の大臣らを訪問する。

 主な提言内容は、「地方目線」の少子化対策として、若者の雇用対策から結婚、妊娠・出産、子育てを通じたきめ細かな取り組みを一定期間(最低五年以上)集中的に展開できるよう、新たな財源確保として「少子化危機突破基金(仮称)」を創設するよう要請。

 さらに思春期からのライフプラン教育の推進、不妊・不育症治療への支援拡充、第三子の保育料の軽減・無料化など、幅広い施策への取り組みを促した。

 また来春、津市内で新県立博物館が開館するのを契機に、地域の実情に応じて文化施設の運営手法が選択できるよう、文化施設などの地方独立行政法人化を要望。

 ほかに、医師不足対策など安心・安全な医療を受けることができる仕組みの構築▽リニア中央新幹線の東京・大阪間の全線同時開業▽新たな担い手総合支援と直接支払制度の的確な構築▽国内産業の競争力強化につながる工業用水道施設整備の推進―などを求めている。

 厚労省では、田村大臣と面談。医師確保について、田村憲久大臣は「抜本的な見直しをやっている」と述べ、県の提案についても検討したい考えを示した。基金創設についても「知事会などでさらに提言として出してもらいたい」と語った。

 少子化対策では、森まさこ内閣府特命大臣に要望。鈴木知事は「(既存の)基金もいいが、保育所サービスに偏るなど問題点もある。地域の実情に応じた対策をお願いしたい」と語った。

 森大臣は、育休などの中小企業へのインセンティブ税制の実施などについて、「財源は政府内で議論していくが、アベノミクスとの連動で提案していきたい」と強調。第三子保育についても「一歩一歩、じわじわやっていきたい」と意気込んだ。

 また文化施設の地方独立行政法人化について、新藤義孝総務相は「重く受け止める」とした上で、「今国会に提出している分権一括法案の成立後、関連の政令を改正したい」と前向きに応えた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1405-6c77e8a6

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。