ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-06 [ Mon ]
テーマ:野球界

5月5日の引退セレモニーと国民栄誉賞表彰式があったので紹介しよう。

1.松井氏、引退セレモニーで感動のあいさつ
スポーツ報知 2013年05月05日14時00分
コメント8 引退セレモニーで長嶋さんと一緒にオープンカーで場内を一周する松井氏 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(38)の引退セレモニーが5日、広島戦の試合前、東京ドームで行われた。ファンの前であいさつした後、長嶋茂雄終身名誉監督(77)オープンカーに乗って場内を一周した。松井氏のコメントは以下の通り。

 松井秀喜氏「ジャイアンツファンの皆様、お久しぶりです。2002年、ジャイアンツが日本一を勝ち取った直後、ジャイアンツに、そしてファンの皆様に自らお別れを伝えなくていけなかった時、もう二度とここに戻ることを許されないと思っていました。しかし、今日、東京ドームのグラウンドに立たせていただいていることに、今、感激で胸がいっぱいです。1992年のドラフト会議で私をジャイアンツに導いてくださったのは、長嶋監督でした。王さんのように1シーズンでホームラン55本を打てるようなバッターを目指せ、背番号55番をいただきました。将来は立派にジャイアンツの4番バッターを務めなくてはいけないと思い、日々努力したつもりです。ジャイアンツの4番バッターを任せていただけるようになり、誇りと責任を持って毎日プレーしました。ただ、その過程には、常に長嶋監督のご指導がありました。毎日毎日、2人きりで練習に付き合ってくださり、ジャイアンツの4番バッターに必要な心と技術を教えていただきました。また、その日々がその後10年間、アメリカでプレーした私を大きく支えてくれました。そのご恩は生涯忘れることはありません。今日、ファンの皆様に久しぶりにお会いしたというにもかかわらず、再びお別れのあいさつとなってしまい、もう一度、プレーする姿をお見せできないのは残念ですが、これからも僕の心の中にはジャイアンツが存在し続けます。どういう形が分かりませんが、またいつか、皆様にお会いできることを夢見て、また新たに出発したいと思います。ジャイアンツでプレーした10年間、アメリカでプレーした10年間、いつもいつも、皆様からの温かい声援が、僕に元気を与えてくれました。ファンの皆様、長い間、本当に本当にありがとうございました」

2.国民栄誉賞
 首相官邸より安倍総理は東京ドームで、長嶋茂雄氏及び松井秀喜氏に対する国民栄誉賞の表彰式を行い、表彰状、盾及び記念品を授与しました。

 長嶋茂雄氏は闘志あふれるプレイと驚異的な勝負強さにより、我が国野球史上に数々の輝かしい功績を残し、多くの国民が憧れ、誰からも愛される野球界の産んだ「国民的スター」として、野球界の発展に極めて顕著な貢献をされるとともに、国民に深い感動と、社会に明るい夢と希望を与えることに顕著な業績がありました。

 松井秀喜氏は、野球界において、ひたむきな努力と真摯なプレイにより、日米両国を舞台にした世界的な功績と、新たな足跡を残すとともに、日米両国の多くの国民から愛され、親しまれ、その数々の輝かしい活躍は、社会に大きな感動と喜びを与え、多くの青少年に明るい夢と希望を与えることに顕著な業績がありました。

 今回、両氏のこのような業績を讃え、表彰することとなりました。

 国民栄誉賞は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的として、昭和52年8月に創設されています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1394-9b86cb0d

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。