ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-10 [ Wed ]
テーマ:災害時に要援護者は避難
【赤井陽介】高齢者や障害者ら災害時に自力で避難するのが難しい要援護者の名簿について、市町村に作成を義務づける法案を政府が今国会に提出する方針を固めた。災害時に支援者らに名簿情報の提供を認めることも盛り込む。東日本大震災時、名簿が使われず救助が遅れた事例があったことを踏まえた。

 名簿作りは政府の有識者会議が2005年に作ったガイドラインで市町村に求めてきたが、総務省消防庁の調べでは、昨年時点で名簿があったのは全市区町村の64・1%だった。災害時に要援護者は避難するのに助けが必要で、所在や安否を確認できる仕組みづくりが必要と判断した。

 災害時は民間の支援団体やボランティアが要援護者の安否を確認し、救助することもある。内閣府が調べた東日本大震災の被災12自治体では、5自治体で個人情報保護などを理由に名簿を提供しなかったが、障害者の死亡率が他の住民より高い傾向にあった。法案では「市町村長は本人の同意がなくても消防や警察、民生委員、自主防災組織などに提供できる」と記す。

 また、これまで名簿がある自治体でも、希望者だけを登録する事例があった。実効性を高めるため、本人の同意の有無にかかわらず、自治体内の部署で要援護者の情報をやりとりし、都道府県に情報提供を求めることができることも盛り込む。

     ◇

 〈災害時要援護者名簿〉 高齢者や障害者といった自力での避難が難しい要援護者について、氏名や住所、障害の状態などを記した名簿。有事の避難誘導に役立てるため、平時から市町村が作成しておく。2004年に新潟・福島豪雨などで多くの高齢者が犠牲になったことをきっかけに、国は05年に作った「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」で作成を求めている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1363-12306e36

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。