ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-06 [ Sat ]
テーマ:近大高専入学式
今日は、地元春日丘にある近畿大学工業高等専門学校で、新年度の入学生・編入生計217人を迎えて入学式があったので来賓として参加した。今年度の入学は、総合システム工学科の新入生157人と同学科の4年編入41人、専攻科19人が入学した。
最初は、入学生のために、初代総長(世耕弘一)の魂にふれる近大の精神についてビデオがあった。

 1.自らの運命を切り開く、不撓不屈の苦学生編は、実学教育と、人格の陶冶を重視する建学の精神。また医学部を含む理系文系学部を多彩にあわせ持ち、多くの学生が自由闊達に学ぶ「総合大学」「大衆大学」としての気風。近畿大学は、まさに初代総長である世耕弘一が描いた学園イメージそのものです。苦学の末に政治家となり国民のために尽くした世耕弘一が、なぜ近畿大学の創設に情熱を注いだのか・・・その「炎の人生」をたどります。

 2.理想の大学づくりに心血を注いだ、情熱の教育者編は、貧しさから一度は進学を断念したが、「学問が運命を開いてくれた」と。ゆえに「学びたい者に学ばせたい」と近畿大学の創設に情熱を傾けた。その際に掲げたのが、「医学部から文学部まで全学部を揃えたい。全ての日本人が大学教育を受けられる時代を見据えた先駆けモデルとなる大学をめざす」。
 つまり、「総合大学」と「大衆大学」。近大を目指したこのビジョンは、ほぼ完璧に現実のものとなっている。そして、「学問・実際一如の有機的教育の徹底を建学の精神とし、特に魂の啓培に力を注ぎ、堅実な思想を持つ有為な人材養成を目的とする」とした。つまり、「実学教育」と「人格の陶冶」を建学の精神としたのである。そして、「教育の目的は、人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成すること」を目指した。
 そして完成した大学が、人生をかけて思い描いた理想の教育、それが近畿大学であり、現在もその精神が受け継がれているのである。

 次に、神野稔校長の1つ目の話は、当校の教育理念として、人格形成と実学に重きをおく近畿大学の建学の精神に沿って、当校の目的は、「育成する技術者像」及び「卒業(修了)時に身に付けるべき学力や資質・能力」に定められている高等専門学校の目的「深く専門の学芸を教授」し、「職業に必要な能力を育成」することであること。2つ目に入学生や保護者に対して、いじめに関する対応は、いじめを受けた場合、教員が対応するが最終的には、校長へHPを通じて相談してほしいことを話した。
 3つ目は、コミュニケーション能力の養成を達成するため、イギリス人教員を専任教員として採用することにより、実践的な英語教育を提供しているほか、工学の基礎となる学力や技術を身に付けさせるため、また、幅広い教養に基づく豊かな人間性の養成に資するために、理科系及び社会系の授業科目には、経験豊富な博士の学位を有する教員を配置している。

 来賓は、亀井市長の代理で前田副市長が民産官学連携協議会や市民大学講座で近大高専と連携していきたい。川口名張商工会議所会頭は「本校は毎年、現役で就職・進学率が100%と、社会的評価も高い。人に愛され、信頼され、尊敬される技術者となるため、生き生きとした学校生活を送ってほしい」と激励した。

 例年行われる在学生総代は「不安もあるかもしれませんが、先輩や先生方のアドバイスを受け、忍耐力や協調性、何事も前向きに立ち向かっていく勇気を身に付けてください。一緒に頑張りましょう」と歓迎の言葉を述べた。

 続いて、新入生代表の「日本のものづくりを支えてきた技術力は失われていません。それぞれの分野で力を発揮できるよう頑張りたい。そして、技術立国・日本を背負って立つ技術者となるため、勉強やスポーツに励み、実りある学校生活を送ります」と決意を新たにしていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1359-19a55048

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。