FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-01-03 [ Mon ]
テーマ:新春インタビュー(伊賀地域の課題や商工会議所の課題)一部伊和新聞より抜粋

1.伊賀の地域医療
 三重県に医療対策として200億円の基金が積まれ、伊賀地域の拠点病院建設に使う話は、民主党の政権交代で取りやめになった。
 しかし、伊賀の救急病院に補正で12億6千万円ついた。これは、3病院のカルテを共有できる電子システム等になる費用になる。そして、関西医科大との寄附講座による連携強化になる予定だ。また一方、ドクターヘリの基地が、伊勢の日赤病院になるか三重大病院なるかは、まだ決まっていない。

2.伊賀の道路
 三重県の予算がついているのは、県道368号の上長瀬の改良(吊り橋⇒太郎生を橋)に5千万円、同422号の三田坂バイパスに9千万円。しかし、名阪上野インター改良や大内橋架け替えは改良がきまっているが、予算がついていない。この道路は名張市の救急道路でもあり4車線を早くしないと朝夕のラッシュには、約7000台通る。
 また、名神ー名阪連絡道・忍者道路は、ルートがきまっているが「道路構造と事業主体が決まっていない」。

3.日本がTPPに加入する場合の影響度
 伊賀市の農業に与える影響は、年間61億円の減収になる。伊賀市の専業農家593戸、名張市1389戸を比較すると名張の方が、2倍も専業農家に大きな打撃を与えることになると思われる。しかし、伊賀市に比べて面積が少ないこともあり、亀井市長からは約7億円弱の影響ではないかと発言している。いずれにしても早急なる対策が必要である。

4.名張商工会議所の川口会頭
 12月議会で、幸松議員の質問に福森産業部長が答えているが、「会議所と名張市の職員が未加入の企業を訪問している」し、工業関係もたくさん入っているし、商業関係も大型スーパーは入ってもらっており、現在会員1183社に1年間かけアンケート用紙をもって意見や要望をまとめるとのこと。また近大高専と工業の関係企業との連携も期待しており、近く工業部会と打合せする予定とのこと。また、新年賀詞交換会にも近大関係者役員を招待している。
 バイオマス事業も幸松議員が質問しましたが、「リサイクル事業は進んでいるが、木質マテリアル事業はこれからです。三重大の先生の研究機関を市へ誘致する構想もある。」

以上、名張を元気にするためには、まだまだ課題が山積みのようですので、しっかりとチェックしていきます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/135-cf1a20bb

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR