ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-26 [ Tue ]
テーマ:総合計画
F市の市長は2月の市議会において、自治体行政の最上位計画と位置づけられてきた「総合計画」を廃止する方針を打ち出した。昨年2月に当選した市長が、前市長が2011年3月に策定した計画を、真っ向から否定したことになる。前市長の下で策定された総合計画は、20年後のビジョンを示した基本構想、基本構想を実現するための基本計画(12年間)、さらに基本計画を達成するための実施計画(3年ごと)という3層構造をとっていた。

 このような長期的な計画を立てても、環境の変化が激しい中で実効性の確保が困難であることや、計画が総花的で形骸化していることなどが、廃止の理由として挙げられている。2011年の地方自治法改正により、総合計画策定の国による義務付けがなくなったことで、こうした対応が可能となった。廃止後は、市長任期と合わせ、期間を4年(最初は3年)に縮めた「市政運営の指針」を基に、自治体経営を進めていくことになる。

 これによって何が変わるのか。第1に、この「市政運営の指針」は、1.長期展望、目指す将来像、2.市民との約束(市長公約等)、3.重点政策、4.主要な施策、5.重要・主要事業、6.地区別まちづくり事業、という六つの構成をとる。つまり、すべてを網羅した計画ではなく、重点化を図った方針・計画になるということだ。こうすることで、藤沢市として、何に力を入れていくのかについて、市民にわかりやすく示せるようになることが予想される。

 第2に、市長の選挙公約を「市政運営の指針」の構想部分に明確に位置づけたことだ。このように公約の位置づけが明示されることにより、市長候補は公約のあり方を考えざるを得なくなる。それはすなわち、公約が施策の羅列ではなく、経営方針としての側面を強めて行くことになり、結果として経営者としての自覚を促す事につながるのではないか。

 第3に、市民や議会が「市政運営の指針」に対して提案を行う機会を設けたことだ。市長や市民、議会と共通の目標が形成されることで、議会もその目標を達成するために活発な質疑を展開するようになることが期待できる。その際、議会の各会派としても、方針の策定へ向けて提案するときの拠り所となる基本的な考えなり、政策を持ち合わせていることが重要になり、それが会派公約の作成につながる可能性がある。

 F市が、今後どのような経過をたどっていくのか見守りたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1346-7bfd3f37

 | HOME | 

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。