ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-21 [ Thu ]
テーマ:獣害対策

 伊勢新聞によると『鈴木英敬知事は二十日、昨年十二月に操業を開始した伊賀市山畑の野生獣解体処理施設「かじか」を視察した。初めて県の補助を受けて整備された解体処理施設で、鈴木知事は「今後もパートナー探しや設置場所の確保に努め、官民連携で解体施設を整備したい」と述べた。

 県獣害対策課などによると、施設は農林業請負会社「芭蕉農林」や地元猟友会などでつくる「いがまち山里の幸利活用組合『かじか』」(中森秀治組合長)が運営。約六十六平方メートルの平屋に、シカやイノシシの皮をはぎ取る装置や金属探知機、大型冷凍庫などを備えている。

 総事業費は一千百五十一万円。県は獣害対策を目的とした本年度の「野生獣処理施設整備推進事業」で、四百八十四万円を補助した。一日の処理能力は最大四頭。年間三百六十頭の解体処理を目指す。既にシカとイノシシ計七十二頭が解体され、地元の飲食店などに出荷された。

 鈴木知事はこの日、中森組合長から説明を受けながら、解体の様子を見て回った。視察後の取材に、「トップランナーとして素晴らしい施設。解体は緻密な作業で、施設と共に技術が必要だと感じた」と感想。「今後も民間と協働で施設を整備したい。出荷先を広げる取り組みも加速させたい」と述べた。』

 名張市もこの解体作業所は、大きな課題となっており、来月3日に解体作業の現状を視察することにしている。報告は後日致します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1305-3dd2160a

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。