ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-17 [ Sun ]
テーマ:利水権

昨日の伊和新聞に名張市と伊賀市の利水権に関する記事が掲載されているので紹介したい。
『1.治水、利水は別議論で、伊賀、名張両市の財政に寄与
現在、川づくり会議みえ代表幹事の川上氏は「川上ダムについての議論は、治水と利水に分けて考えるべきだ」として「治水は国の施策であり、利水は伊賀市の水道事業だ。これを混同して議論すると伊賀市のスタンス、方針が定まらない。川上ダムの計画は、当初、西宮市、奈良県、三重県が水利権を必要としていたが、西宮市、奈良県は撤退し、現在、伊賀市だけが残っている状態。伊賀市だけになるとリス自体の負担金の割り勘が一人になり、重くなるのは当然だ」と話した。
 そして、「水源がなければ、多額の負担も止むを得ないが、実際には大阪市も名張市も水利権が余っている。大阪市の平松前市長は”売らない”方針だったが、橋下市長は『買い手があれば売りたい』と発言している。大阪には、原水に余力があり、大阪からの買い取りはできるが、名張市民としては、財政難の名張市から買ってほしい。ダムからの送水は青蓮寺パイロットの送水管を使えばいい」と語った。
 名張市議会では、川上ダムについては多くを語られていない。が、「青蓮寺ダムの余剰水利権を伊賀市に買ってもらえば助かる」という議員も少なくないが、本格的な議論はされていない。そこで、名張市の水利権の可能性と将来の水需要について、川上氏が調査した資料を紹介したい。

 名張市が保有する水道水取得権(水利権)は宇陀川表流水毎秒0.17t、比奈知ダム係りで毎秒0.3t、青蓮寺係りで毎秒0.19tで、合計0.66t。使用量は24年度実績で、日量平均0.384t。過去の配水量は平成12年度0.441tであり、水の需要は右肩下がりで減少傾向である。
 水利権との差を見ると、24年度で0.28t、平成12年度のピークで0.219tで名張市が青蓮寺ダムの水利権0.19tを譲渡しても、水に困ることはない。
 なぜ、水の需要が減っているのか?人口の減少と節水にある。市民に節水意識が普及したこと。また、最近、水洗便所の水の使用量が少ないタンクが普及したことや企業が水をリサイクルなどで節水をしたからだ。
 この現象は、下流の自治体でも同じことが起こった。水需要が減り、大阪市の水利権が余り、西宮市、奈良県が川上ダムの水利権を撤退する事態になった。
 
2.水利権譲渡でメリット
名張市は昭和45年に青蓮寺ダムの水利権を獲得した。当時の価格は1億6700万円である。「時価にすると4億円くらいになるだろう」と川上氏は推定。「これを一般会計に入れると財政再建に大きく寄与するのではないか。その上、青蓮寺ダムの管理費年額1200万円の支出がなくなる。使っていない水利権でも、永久にかかる経費がなくなる」という。
その後、平成7年に比奈知ダムの水利権を25億円で獲得した。支払いは、国の起債を利用し、分割で返済している。元金のほかに利息が付き、最終的に39億円。これを水道の基金から支払っているが、一般会計からも支出している。
 名張市民からすれば、青蓮寺ダムの水利権を売った方がよいことは、いうまでもない。水利権は使わなければ経費がかかるだけだ。
 伊賀市議会は「青蓮寺ダムの水利権を買うと言っても、名張市に売る気があるのか」という疑問もある。「使えるかどうかわからない、他市の水利権を当てにして議論を進めることはできない」という声もあがった。
 名張市は、早急に検討し結論を出すべきだろう。伊賀市の川上ダム検討検証委員会の結論が出る3月末までのなるべく早い時期に、結論を出していく必要がある。
 伊賀市は、国土交通省の中込調査官が1月16日、「新規利水の負担は建設費の11%である。このうち半分は国の補助があり、実質5.5%となっている」と説明。また、元流域委員会副委員長の千代延明憲氏は同日「川上ダムの建設負担金は約31.9億円であり、青蓮寺ダムの余剰水利権利用の方が安い。ダム建設負担金は、水機構が建て替えた分の利息も加算される。維持管理費は、50年間で13.9億円。青蓮寺ダムでは、維持管理費、青蓮寺パイロット使用料を含め2.7億円で青蓮寺の方がやすい」と説明。また「川上ダムの場合、運用開始までの立て替え金利息が約7億円必要」と試算を示している。』

このように新聞では説明しているが、これから3月定例会も始まるので、調査のうえ検討する必要があると判断している。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1299-bb07a53e

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。