ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-16 [ Sat ]
テーマ:映画

名張市の実在人物の実録映画について、毎日・産経新聞の記事を紹介しよう。

『三重県名張市で昭和36年(1961年)、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝死刑囚(87)の人生を再現した劇映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」が16日から上映される。制作した東海テレビ放送(名古屋市)は「これまでなかなか描けなかった死刑囚の姿を再現した。ぜひ見てほしい」と話している。
 奥西死刑囚は殺人容疑などで逮捕され、1審・津地裁(64年)では無罪判決を受けた。しかし、2審・名古屋高裁(69年)が死刑判決を言い渡し、最高裁が72年に上告を棄却して死刑が確定した。再審請求を繰り返し、現在は第7次再審請求特別抗告審が最高裁で審理されている。
 
 映画は、昨年6月に同社が放送したテレビドラマを編集したもので、奥西死刑囚を仲代達矢さん、母タツノさんを樹木希林さんが演じた。奥西死刑囚が支援者に出した手紙や特別面会人の記録ノートを基に、面会室での会話などを描いている。
 監督は「死刑弁護人」などのドキュメンタリー番組を作ってきた同社社員、斉藤潤一さん(45)が務めた。東京都渋谷区のユーロスペースで16日から、名古屋市中区の伏見ミリオン座で3月2日から上映される。
日本を代表する名優、仲代達矢(80)が実録映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」(斉藤潤一監督)で死刑囚役を熱演している。「まだ生きている人物を演じるわけだから、慎重にならざるを得ない。役者としての演技をしないように、個人の実感として演じた」と役に臨んだ覚悟を語った。

 仲代は平成22年、東海テレビの名物ドキュメンタリー「司法シリーズ」の一つ、「毒とひまわり~名張毒ぶどう酒事件の半世紀~」のナレーションを担当した。その縁から、同シリーズの阿武野(あぶの)勝彦プロデューサー(53)と斉藤監督(45)のコンビが白羽の矢を立てた。今回はドキュメンタリードラマだ。しかし、仲代は当初、出演依頼を退けた。

 「テレビで再現ドラマをよく見ますが、嘘っぽい。だから、初めはお断りしたんです」

 事件の資料を読み込み、検討を重ねた。「実際に獄舎につながれ、司法では死刑だと断定しているのを無実だといって、ドラマに参加するのは役者にとって決心のいること。しかし、基本的には疑わしきは罰せずです。無罪を信じて出ることに決めました」

 奥西被告は犯行を自白するが、逮捕後、一貫して「警察に自白を強要された」と主張してきた。「事件が起きたとき、私は29歳。世間は大騒ぎでした。5人も亡くなったわけだから死刑も当然だろうと、私も含めて普通の人はみていた」と仲代。

 1審は無罪だったが、2審で死刑判決。47年に最高裁で死刑が確定した。戦後唯一、無罪からの逆転死刑判決だった。事件から52年間、再審請求と取り消しが繰り返されてきた。今作はその過程を再現ドラマにし、実際のドキュメンタリー映像を交えている。

 「奥西さんにお会いしたこともなく、若い頃の写真しか見ていない。最終的には、私が奥西さんの立場に立ったらどうなるかを想像するしかなかった」

 食事の場面がたびたび出てくる。昭和63年の正月、獄中でもささやかながら特別な献立が並んだ。数の子や黒豆を口にしながら、仲代演じる奥西は喜びの声を上げる。「死刑囚というと常に暗い顔をしてなきゃならないイメージがある。でも、人間って明日死のうと思ってもうれしいときは笑う。だから楽しそうに食おうと思ってました。お母さんとの絆も(劇中で鼻歌を歌う)『岸壁の母』につながると思うし、実感を込めてやったつもりです」

 息子の無実を信じる母親のタツノ役に樹木希林(70)、ナレーションは寺島しのぶ(40)。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1298-5d795b4f

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。