ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-12 [ Tue ]
テーマ:ごみ施策

1.名張市は2月4日、市指定ごみ袋の価格を今年10月から値下げすることを明らかにした。現行の価格より1円から14円、17%から23%の値下げ幅で改定する。今月開かれる伊賀南部環境衛生組合議会で、価格見直しに必要な条例改正議案を提案する予定。
 同日の市議会全員協議会で市側が報告した。改定後の1袋当たりの価格は、45リットルが54円(現行価格比マイナス14円)、30リットル36円(同マイナス9円)、20リットル22円(同マイナス6円)、10リットル10円(同マイナス3円)、5リットル(同マイナス1円)となる。

 同市はごみの資源化や軽量化を目指そうと、2008年から「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」の家庭ごみ有料化を実施。しかし、近隣自治体と比べて高い指定ごみ袋の価格の改定を求める意見も寄せられており、市ではこれまで減量化に協力してきた市民への還元の意味も含め、価格の引き下げを検討してきた。

 同市の2011年度の指定ごみ袋販売量は351万6500枚で、販売額は約1億855万1500円。1世帯当たりの負担額は年間3345円、1か月当たり279円だった。

2.ごみゼロ社会を目指すアクションプログラム(素案)について
●意見募集期間
平成25年2月11日(月曜、祝日)~ 3月8日(金曜日)
●素案の内容
第1部 ごみゼロ社会を目指すための基本的な考え方
第2部 ごみ処理の現状
 
第3部 第二次、第三次アクションプログラムの検証
 1.家庭ごみの有料化について・・・ごみ袋引き下げ案

第4部 ごみ処理の方針
第5部 ごみ排出量の将来予測と減量目標

第6部 具体的な行動計画
 1.第四次アクションプログラム期間
第7部 ごみゼロ社会の推進にあたって
 1.市民、事業者、行政ができること
 2.省資源化、省エネルギー化の取組

※ご意見の提出方法(募集要領)や素案の詳しい内容などについては、市のHP関連情報をご覧ください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1292-0688ebe4

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。