ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-27 [ Sun ]
テーマ:東日本大震災がれき

産経新聞 1月27日(日)7時55分配信 によると

 ■伊賀南部組合の協議打ち切り

 東日本大震災で発生したがれきの広域処理問題で、鈴木英敬知事が岩手県久慈市の可燃物受け入れを取りやめることを明らかにした。伊賀市と名張市でつくる伊賀南部環境衛生組合は、伊賀市の焼却施設での受け入れの理解を求める住民説明会を開いてきたが、協議は打ち切りとなる。

 県は昨年8月、久慈市の可燃物2千トンの処理を求められたが、25日、環境省から受け入れは不要になったことが伝えられた。秋田県で久慈市の可燃物処理を引き受けるめどが立ったためで、鈴木知事は「被災地の復興は道半ば。人的派遣やさまざまな交流などにつながる支援を提案したい」と話した。

 鈴木知事は昨年4月、県市長会と県町村会の了承を取り付けがれきの受け入れ方針を表明し岩手県と確認書を締結。がれきの放射性物質濃度に関する独自の基準を設けるなどして調整を進め、組合と多気町、尾鷲市、熊野市が受け入れを検討したが、2市は説明会の段階に入らず多気町は断念、組合だけが住民に理解を求めていた。

 今回の決定に対し、受け入れに前向きだった名張市の亀井利克市長は「受け入れへ努力を重ねたが決定せず残念。被災地のみなさまには大変申し訳ない。国を挙げ対応しなければならない事案が生じた場合は、市や組合で最大限努力する」とコメント。また、受け入れに難色を示していた伊賀市の岡本栄市長は「復興支援への新たなスタートと考え、市や市民一人ひとりに何ができるか考え可能な限りサポートしたい」とした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1272-5a5d12ac

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。