ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-19 [ Sat ]
テーマ:県政課題

伊勢新聞によると
 『県政課題をテーマに取り上げる全県議対象の「トップセミナー」は十七日開き、岡田登皇学館大学教授が「式年遷宮を契機とした地域の活性化」について講演した。「伊勢は日本の巡礼センター」と位置付け、旧参宮街道を整備し、参拝客に県内の旧街道を歩いてもらう参宮の復活を提案した。

 岡田教授は式年遷宮を定めた天武天皇について、壬申の乱で悪天候の中、吉野から伊勢まで逃げ延びてきて、朝明郡で日の出を迎えた経緯を語り、「暗闇の中、伊勢で天照大神を望拝すると、光と熱を与えてくれ、九死に一生を得た。天が勝てることを示してくれた体験があった」と説明。第一回式年遷宮の後、藤原宮を造営したり、平城宮に遷都し、「神の宮を新しくしてから、人の宮を新しく建てた」と説いた。

 式年遷宮をきっかけに交通網の整備を進め、博覧会を繰り返してきた歴史から、「伊勢の文化は、二十年ごとに熱して、すぐ冷める。瞬間湯沸かし器型文化で、持続しない」と特徴づけた。

 平成十七年に学生と旧街道を七里の渡しから四泊五日で歩いた経験を語り、「体力の限界を知ることができ、宇治橋に着いた時に、達成感、充実感がある。街道筋の人はいっぱい助けてくれた」と語り、「参宮街道をもう一度、活性化させる必要がある。路側帯を同じ色で塗ってもらったらいい。この道を歩けば伊勢に行けるんだと分かり、街道沿いの住民が古来からの道だと意識できる」と提案した。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1260-68b3173e

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。