ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-09 [ Wed ]
テーマ:名張市議会
昨日、名張市議会 永岡議長が 議員20人を代表して新春記者会見を行いましたので、紹介します。
imagesCAB0K2SR.jpg

<はじめに>
新年あけましておめでとうございます。
市民の皆様には、健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
平素は、名張市議会に対し、ご意見やご指導を賜り、心から感謝申し上げます。
昨年は、ロンドンオリンピックにおける名張市出身選手の活躍や公益施設用地に「とれたて名張交流館」がオープンし、温浴施設とともにまちの駅の認定を受けるなど、明るい話題がありました。
一方、東日本大震災の復興は順調に進んでいるとは言い難く、いまだ32万人の方々が避難生活を続けておられます。被災者の皆さまの生活再建を切に願わずにはいられません。一日も早い復興に向け、伊賀南部環境衛生組合におけるがれき受け入れ処理について早急に協議を進めるよう、執行部に対し要請してまいります。

私は、昨年の10月に、第62代名張市議会議長に就任いたしました。
年頭にあたり、私が目指す「心ある開かれた議会」について所信を述べさせていただきます。

市民の皆様の幸せを実現するためには、皆様の声を十分お聴きし、常に市民目線の立場で考え、様々な思いを市政に反映できる、透明性が確保された議会でなければなりません。そのために、特に必要なことは「議会改革の推進」と「議員資質の向上」であると考えております。

1.議会改革の推進
抜本的に議会改革を推進するため、昨年8月、市民委員や学識経験者にお入りいただき「議会改革検討委員会」を設置しました。
現在、議会の政策立案・提言機能や監視機能の強化、情報発信・広聴機能の充実など様々な角度から議会改革について議論を重ね、本年中には答申をいただく予定となっており、さらに改革を進めていきます。
また、議会機能の充実を図り、市民の皆様にわかりやすい議会となるよう、すぐに取り組める改革については、議会運営委員会等において協議し、スピード感をもって推進します。

2.議員資質の向上
議員は、市民に信頼される民主的な市政の発展に寄与するため、自らを律しながら、一人ひとりが市民の目線に立ち、心ある行動を実践し、議会並びに議員活動に邁進することが必要です。
諸施策にかかるさまざまな研修会を開催し、また、「名張市議会議員政治倫理要綱」の遵守を徹底することなどにより、議員一人ひとりの資質を向上させ、議会全体をレベルアップすることにより、市民の皆様の福祉の向上が可能となり、ひいては市民の皆様から信頼される議会となるものと考えます。

3.開かれた議会の推進
より「開かれた議会」を目指すため、本年も引き続き、議会が市内各地へ出向き市民の皆様との対話を大切にします。
昨年は、地域づくり代表者や商工会議所をはじめ各種団体の皆様との懇談会を実施しました。
議会広報特別委員会では、懇談会においていただいた貴重なご意見を参考に、思わず手にとって見たくなる紙面を目指して、現在、紙面刷新に取り組んでいます。
本年も、地域づくり代表者との懇談会の継続や各委員会等が市内へ出向いての各種団体等との懇談会を実施します。
さらに、当市議会の女性議員の比率は県内トップで、全国的にも高い位置にあることから、女性が輝くまちをめざして、女性議員と市民の皆様との懇談会も予定しています。
あわせて、議会の「見える化」についても推進します。
市民の皆様に議会の様子を随時ご覧いただけるよう、平成25年度中に議会のインターネット中継の実施ができるよう協議を進めます。
本年も議会からより多くの情報を発信し、市民の皆様のご意見をお聞きする中で、情報を共有しながら議会の使命を果たします。

4.市政のチェック
名張市は、財政再建や構造改革の取り組みを進めて10年が経過するものの、経済情勢の影響も受け、依然として厳しい状況にあり、平成25年度も決して楽観視できる状況ではありません。

その中で、市民が安心して暮らせるよう、議会としてより厳しい目で執行部の動向をチェックしてまいりますが、特に次の施策について注視していきたいと考えております。

①市政一新プログラム並びに財政早期健全化計画の着実な推進
平成24年度黒字決算の達成、平成25年度以降のより一層の財政健全化へ向けての市政一新プログラム及び財政早期健全化計画に基づく行財政改革の着実な推進。

②地域医療及び市立病院の充実
医師確保や質の高い医療の提供とともに、地域医療教育研修センターの有効活用による地域医療の充実。

③都市内分権と新しい公の推進
地域ビジョンを尊重した名張市総合計画の「地域別計画」の実現に向けて、「ゆめづくり協働事業」の推進や地域の人材育成の取り組みなど、都市内分権の着実な推進。

④小中学校統廃合
子どもにとって最も良い教育環境となるよう、保護者、地域の意見を十分聞きながらの対応。

⑤産業・観光の振興
○「まちの駅なばり」の有効活用や豊かな地域資源を生かした名張ブランドの創出による産業・観光の振興。

○ 市民の皆様が、地元の産業・観光資源にいま一度目を向け、訪れ、体験することにより、その良さを再発見し、市民自らがPRマンになっていただくような施策の推進。

<むすびに>
本年が、市民の皆様にとって、明るく、希望に満ちた良い年でありますよう、名張市議会は心新たに、一丸となって頑張ってまいります。
さらなるご指導、ご鞭撻いただきますようお願い申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を心から祈念申し上げ、新年のあいさつといたします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1248-2e81d63b

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。