ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-02 [ Wed ]
テーマ:年賀状

名張市議会から年賀状を2つ紹介しよう!(公職選挙法第147条の2のため、私は除外)

1.名張市長 亀井利克 
 新年あけましておめでとうございます。市民の皆さま方には、新しい年を健やかにお迎えのことと心からお喜びを申し上げます。また、平素は名張市政運営の各般にわたりまして格別のご理解、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。昨年を振り返りますと、やはり夏のロンドンオリンピックに沸いた年でありました。日本代表選手は過去最多の38個のメダルを獲得する奮闘ぶりで、とりわけサッカー競技では当市矢川出身の山口蛍選手が全試合にフル出場し、みごと4位入賞を果たされ、私たち名張市民からも大きな感動と勇気をいただいたことは記憶に新しいところであります。
 一方、市政に目を転じますと、名張市立病院につきましては、常勤医師の増員を図ることができました。また、昨年6月には「地域医療支援病院」の承認を受け、さらに地域医療教育研修センターを開設するなど地域医療体制の拡充を図ってまいりました。また、8月には希央台の公益施設用地に市民待望の温浴施設のオープンとともに「とれたて名張交流館」がオープンし、地場産品の販売や地域福祉にかかわる交流の拠点として賑わいを見せております。
 さらに、10月には長年懸案となっていた土地開発公社を解散し、清算の目途もつき、財政の将来的な負担軽減を図ることができました。このほか、市内全15地域で策定いただいた「地域ビジョン」については、市の総合計画への反映と財政支援の強化を図るべく、着々と準備を進めているところです。
 このように、昨年は大変厳しい財政状況の中ではありましたが、将来の市政躍進の土台作りを進めることができたと考えております。
 今後、市税収入の減少と社会保障関係経費の大幅な増加が見込まれ、引き続き予断を許さない財政状況にあります。そこで、本年は、市民の皆様のご理解とご協力のもとでこれまで積み上げてまいりました改革の成果の上に立って、引き続き「財政早期健全化計画」「市政一新プログラム」を着実に実行し、平成25年度単年度収支の黒字化及び財政再建化を実現して「名張躍進」の土台を確個たるものとしていきたいと考えております.
 また、4月には、「(仮称)名張市総合教育・(仮称)名張市子ども発達支援センター」をオープンし、保健・医療・福祉・教育分野で子育て環境の一層の充実を図るなど、名張市を子どもからお年寄りまで、市民おひとりおひとりが幸福を実感できる「福祉の理想郷」としていくため、全力を傾注していく所存でございます。
 最後となりましたが、本年が皆様方にとりまして幸せで希望にあふれた年になりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

2.ごあいさつ~  名張市議会議長 永岡禎 
 新年あけましておめでとうございます。市民の皆さまには、健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。平素は、名張市議会に対して、ご意見やご指導を賜り、心から感謝申し上げます。
 昨年は、近畿大学工業専門学校の野球部が本市始まって以来、東海大会で準優勝され、また、ロンドンオリンピックでは当市出身の山口蛍選手がサッカー競技で見事4位入賞を果たされるなどスポーツ面での明るい話題や、市政においては、滝之原工業団地での藤森工業三重事務所の竣工や、希央台の公益施設用地における温浴施設並びに「とれたて名張交流館」のオープンなどの事業の進展がみられた年でもありました。
 一方、東日本大震災の復興は順調に進んでいるとは言い難く、いまだ32万人の方々が避難生活を続けております。復興の早急な促進と、被災された皆様の早期の生活再建を切に願うばかりです。
 さて、私は、昨年の10月に、第62代名張市議会議長に就任いたしました。私が目指す市議会のあり方は、「心ある開かれた議会」であります。市民の皆様の幸せを実現するためには、皆様の声を十分お聴きし、常に市民目線の立場で考え、様々な思いを市政に反映できる、透明性が確保された議会でなければなりません。そのために、特に、必要なことが「議会改革」と「議員資質の向上」であると考えております。
 現在せっちしております「議会改革検討委員会」では、市民委員、学識経験者と共に、議会の政策立案・提言機能や監視機能の強化、情報発信・広聴機能の充実など様々な角度から議会改革について議論を重ね,本年中には答申をいただく予定となっており、さらに改革を進めていきます。
 「議員資質の向上」では、権利擁護や認知症対策など様々な研修会を開催し、また、「名張市議会議員政治倫理要綱」を遵守することを徹底することなどにより、議員一人ひとりの資質を向上させ、議会全体がレベルアップすることが、諸施策についての議論がさらに深まり、市民の皆さまの福祉の向上、ひいては、市民から信頼される議会となると考えます。議員は、自らを律しながら、市民に信頼される市政の発展に寄与するため、議会並びに議員活動に邁進しなければなりません。
 最後に、本年が、市民の皆様にとって、明るく、希望に満ちた良い年でありますよう、名張市議会は一丸となって頑張ってまいります。さらなるご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。
 
※以上、伊和新聞「私の年賀状」より掲載しました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1237-42df3947

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。