ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-17 [ Wed ]
テーマ:観光
 
 中日新聞によると『 鳥羽市などの県内観光について、尖閣諸島の領有権をめぐる日中関係の悪化が深刻な影響を与えている。中国の建国記念日に当たる国慶節(一日)前後の大型連休は毎年書き入れ時だったが、今年はホテルなどで大口のキャンセルが相次いだ。ため息を漏らす観光業者らは「一日でも早い関係改善を」と客足が戻ることを切望している。

 官民挙げて中国からの誘客に力を注いでいる鳥羽、志摩地域。真珠製品や海女作業の見学などが人気の「ミキモト真珠島」(鳥羽市)では、ツアー客だけで四件約百人のキャンセルがあった。

 例年九、十月には、予約以外の当日客として五百~七百人の中国人が訪れるが、現状は連日ほぼゼロ。東日本大震災後の落ち込みからようやく回復し始めたところで、担当者は「連休の入り込みに期待していただけに残念」と声を落とす。

 海外宿泊客の六割を中国人が占める「合歓(ねむ)の郷」(志摩市)でも「少なからず影響がある」。九月十一日の日本政府による尖閣諸島の国有化以来、キャンセルは続き、新規予約も入らない状況。広報担当者は「現状で打てる手はない。二月の春節(旧正月)の連休までに何とか改善して」と嘆く。

 県が九月末に県内主要観光業者十三社に実施した緊急アンケートでは、四社で五十~数百人規模のキャンセルが判明。県南部の大型リゾート施設では九百五十人の宿泊キャンセルが出たという。一方、韓国や台湾などに関しては顕著な影響はなかった。決定的な打開策がないのは行政も同じだ。県国際戦略課は「動静を見極めながら、流れが変わった段階でPR策を検討するしかない」。

 観光庁の統計では、県内に宿泊する年間八万~十万人の外国人観光客のうち、中国は二〇一〇年(二万五千三百人)に台湾を抜いてトップとなった。県が一五年度末までの到達目標を定めた「みえ県民力ビジョン」で示す「外国人宿泊客十五万人」を達成するにも、対中戦略は重要課題だ。

 鈴木英敬知事は昨年四月の就任後、中国・河南省や上海を相次ぎ訪問するなどトップセールスで誘客に努めてきた経緯があり、定例会見で「影響が長期化していくならば何らかの対応は必要」と述べている。』

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1142-534ae879

 | HOME | 

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。