ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-16 [ Tue ]
テーマ:教育

 昨日、県教育委員会は、学力向上に向けて三重県民総参加で取り組んでもらおうと、「みえの学力向上県民運動推進会議」を設置し、津市のホテルで第一回会合を開いた。学習意欲を高める環境づくりなどについて、委員らが意見交換した模様が新聞に報道されているので紹介したい。

 本年度の全国学力・学習状況調査(学力テスト)では、県内公立小中学校の平均正答率は全国平均を下回り、家庭で授業の復習をする割合も小さかった。県教委は本年度から四年間、「みえの学力向上県民運動」を展開するとしており、推進会議の立ち上げはその一環。

 委員には教育行政や企業、NPOの関係者ら十四人が就いた。会長には内田淳正・三重大学学長、副会長には石原多賀子・金沢大学監事をそれぞれ選任。冒頭のあいさつで鈴木知事は、「どんな家庭に生まれ、どんな地域に育ち、どんな学校に通っても、学力と規範意識を身に付ける機会を保証する教育でなければならない」と強調し、「学校だけでなく全ての現場で、全ての大人が当事者として役割を果たすべき」と訴えた。

 会議では、「子どもに『うまくできなくても、早くできなくてもいい』という懐を持つことも大切」「学校現場として授業改善に取り組む必要がある」「子どもたちが自転車で行けるような範囲に一つ、図書館や博物館などの学ぶ場が必要」などの意見が出た。

 特定非営利法人「放課後NPOアフタースクール」の平岩国泰代表理事は、放課後の子どもらに多様な体験をしてもらう事業内容を紹介し、教え手は「市民先生」だと説明。「市民先生をお願いして断られたことはほとんどない。大いに市民を巻き込めるのでは」と指摘した。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1139-ec227ae4

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。