ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-10 [ Wed ]
テーマ:名張市外部考査
平成24年度 事務事業の外部評価の結果について(平成24年10月9日市HP掲載)公表されているので紹介しよう。

<外部評価の実施について>
 事務事業の改善・見直しを行うため、名張市考査委員会設置条例に基づく専門的な考査並びに、名張市自治基本条例第29条に基づく市民への考査機会の提供として市民意見募集を実施しました。

1.考査委員会による評価
(1)評価対象事業
 市が抽出した19件の事務事業・・・別途報告します。

(2)評価方法
 事務事業シートの内容・関連資料及び担当室へのヒアリング(※7月30日(月)・31日(火)、8月6日(月)に公開で実施)により、必要性、有効性、効率性などの観点から評価を受けました。

(3)評価報告書について
 考査委員会から、今後の方向性の評価及び意見をとりまとめた評価報告書が提出されました。

2.市民による評価
市の担当室が作成した事務事業シート(内部評価・634事業)に対する市民意見を募集しました。
募集期間:平成24年7月22日(日)から8月21日(火)まで
提出者数:9名
提出件数:21件
※公開ヒアリング会場(傍聴者数3日間 延べ33名)で9名・21件の意見が提出され、意見募集期間内の電子メール・FAX・郵送等での提出意見はありませんでした。
外部評価結果を受けて
 考査委員会による評価及び市民意見募集結果については、来年度の予算や事業実施の参考とします。

●具体的な意見
1.防災対策費
①継続(現行)
 防災は守り対策のため、事業活動の目玉は出しにくいが、住民の安全のために地道な効果的な計画をお願いしたい。
 講師代を安くしたいとの発言があったたが、平成23年度で群馬大の教授はテレビで有名なため、高額と推測する。
②継続(拡大)
 生涯学習教室で名張川氾濫の歴史を学んだ。両ダムにより治水は大きく改善されているが、名張川に沿った町に在住する方々は台風・大雨等により溢れる川の恐怖を感じていると思われる。
 ハザードマップによる対応すべき危機管理の徹底を更に拡大(今までの降雨量を更に超える事態の発生や名張川が氾濫する限界降雨量を算出して、有り得えないことが有り得るとする)していただきたい。
それには危機管理室の人工数は少な過ぎると考える。
③-
 自主防災組織は完璧に出来ているという話しを、確か亀井市長就任以降に聞いた。しかし、本日の発言では、未だその実態は無力に近い。また、危機管理室ほど重要な部署でありながら、状況さえ掴んで
いないのに驚いた。
 いま重要なことは避難所の運営管理のルールづくりと、避難場所(例えば学校)との意思疎通や合意問題である。何人収容できるか・
できないか、指揮は誰が執るかもはっきり出来ておらず、学校からも意見がきている。地域づくり組織でも問題にしているが、一向に前進できない。

2.市立病院
①継続(事務改善)
 医師確保が最重点課題となっているが、病院経営に対する病院担当者の説明はほとんど納得が得られない。経営数値に対しての基幹部分収支に関する具体的なものが示されず、このままではいつまで経っても赤字からの脱却はできないと思われる。5年先、10年先の中長期ビジョンを経営数値化すべき。
②継続(拡大)
 患者や医師にとって魅力ある病院づくりを期待している。患者にとって医師数が増えることと能力が伴っていることの両方を期待する。医師にとって魅力ある病院とは技能向上ができる病院と推測す
る。千葉にある亀田クリニックが大きな期待感を与えている理由をご存知と思うが、名張への適合性を検討されてはどうか。
③-
 損益分岐点も理解されておらず、経営分析が出来ていないことが、よく分かった。私たちは、地域づくりで病院を良くしていくためにどうすれば良いかビジョンに掲げて市立病院にも声を掛けている。来院患者を望んでいることは今日の発言で分かったので、もっと利用していただけるよう住民に声を掛ける。これまで外から見ていると、患者が来ないようにしていると思っていた。

3.収塵車管理事業
①継続(事務改善)
 ISO14000を今でも継続されているか判らないが、活動指標で「可燃ごみは横ばい」、「不燃ごみは増加傾向」にあり、減量化への市の取組方向をどうするのか、収塵車管理とはリンクしないかもしれない
が、全体としてどうしようとしているのか見えない。

4.バイオマスタウン構想事業
①継続(現行)
 事業内容を絞り実施に踏み込んでほしい。予算の見通しがつき次第、順次拡大していく。
②継続(拡大)
 名張の地域性を考えた場合、バイオマスを利用する武器は何かを明確にしてほしい。エネルギー政策の一環として考えるならば、他のエネルギーとの位置付けを行い、名張の特長を出せる事業に育ててほしい。
③休止・廃止検討
 事業説明を聞いていると特に担当の方は専門的知識があるとは思えず、バイオマス活用推進基本法があるからやっている感じもしないわけではなく、バイオマスタウン構想とは程遠い内容で名張市にとって必要なのか。継続(現行)なら、廃止すべき。
④-
 バイオマスタウン構想の推進に興味があり、名張市の取組実態を知りたく初めて参加した。聞いた内容は期待外れであった。実践内容が不明、PR不足。三重県名張市として、”何が実施可能か”あるべき
姿をはっきり示すべき。そのマスタープランがあるか否か不明。その姿が見えないので、成果があやふや。

5.麦・大豆・奨励野菜等団地化生産事業補助金
①継続(拡大)
 名張の農業施策の中での本事業の位置付けが分からなかった。
 農業は非常に重要で大きな問題のため、今後の農業の方向付けにより自立を図るような補助金としてほしい。
 事業費用・職員数からみて、問題解決に向けた意欲が感じられない。もっと積極的に支援し、早期の自立化が必要。
②休止・廃止検討
 やっていることがお粗末すぎる(耕作放棄地を無くすために小麦を作り、米のかわりに所得補償している。市がなぜやるのか。)。補助金のためのものか。JAがやる内容ではないか。担当者には気の毒と思うが、事業とは名ばかりで、すぐに廃止すべき内容である。もっともらしくシートに取り上げる内容では無く、公開ヒアリングで貴重なコスト時間をかける内容にあらず。

6.名張市観光協会補助金事業
①継続(事務改善)
 本当に深刻な状況だと感じる。担当が、真剣に真摯に、事の重大さを感じないとダメだ。考査委員の指摘はもっともだ。私も観光は名張躍進のポイントとなると思うが、このままではとても無理だ。実に恥ずかしい限りだ。とても市民に公開できる状況と言えなかった。
②継続(拡大)
 考査委員長の「現状維持でなく、もっと市民の支持を得られる本気の取り組みで事業費の補助増大案意向」に賛成である。
 その抜本的対策、施策の提案は、観光客の増大であり、現状では無理と思う。現状の取組プラス新しい取組で、歴史・文化に基づく新しい取組(入り口近くが最もインパクト、効果大)。基本対策他は、名張市のDNAである赤目滝の観光客40万人対策。
◇大前提・・・赤目渓谷の世界・文化遺産登録準備、取組。
◇休眠滝の復活・・・入口から2番目、6番目の効果的な銚子滝、大日滝
の水源確保(いずれもスケール的には不動滝を上回る。特に銚子滝は入口目の前でインパクトがかなり大きく、代表的な滝に間違いなくなれる。)。
◇西暦1649年、1654年の記録にもある丈六蛍の大復活(かなり戻っており、観光ダム下の駐車場(見学地)整備)。
◇渓谷内へ準絶滅危惧種の姫蛍定着(長坂山ふもと)。
③-
 観光協会補助金の打ち切りを考えてはどうか。既得権益となってしまっていて、活動指標がホームページのアクセス数。市として、本当にそれで良いのか。担当室による点検の術が全て”できない”とかではお粗末で、管理が何もできてないと同じではないかか。お役所仕事である。観光協会のトップは活動しているのか。市役所からの天下りではないのか。

7.紙おむつ購入費給付事業
継続(事務改善)
 家庭の経済力との関係で弱者支援は必要と考えるが、要支援の認定
基準に経済力の評価も重要と考え、より弱者に支援の手が届くように
考慮願いたい。

8.市史編さん事業
①継続(事務改善)
 早期収集と保存の重要性、プランの再検討の早期実施。
 古い重要構築物は、順次改築される可能性が高くなっていく。市民のニーズは。担当部の自己満足にならないように。
②継続(現行)
 宝暦年間の伊賀藤堂と名張藤堂関係の資料が出てこないか。
藤堂高吉公の親元の二本松藩に名張関係の資料があるかないか。

9.自動車管理費
・継続(事務改善)
 公用車購入時の交渉能力の検討(ディーラー・メーカーとの折衝)。リースは必ずしも有利ではない。
 優良企業の資本の有効活用と節税バランスにあると考える。国産車は経験上、20万Km以上走行可能と考える。
 活用効率の向上化をめざすデータ収集と配車管理の再検討してもらいたい。

10.情報システム運用管理費
・-
 セキュリティ対策に更なる注意を。定期的また抜き打ちで、アクセス調査点検を行い、安全確認・安全対策を。情報の持ち出し防止に、ダブル安全対策(トリプルが望ましい)が必要と考えるが、毎朝点検からその日をスタートし、危機感を持ち続けてもらいたい。
 システム改修委託料については、委員長の言葉は、毎年聞いていることかもしれない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1129-61ebc798

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。