ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-26 [ Wed ]
テーマ:震災がれき NO.34

 今日の朝日新聞の朝刊伊賀版で、震災がれき問題について伊賀市民と県・市職員が”久慈市に現地視察”と掲載されているので、紹介したい。

『県が伊賀市の廃棄物処理会社に要請していることに関して、県は25日、伊賀市内の住民10人と県と市の担当職員ら計10数人で岩手県久慈市への日帰り視察を実施した。今回の視察は、公表されておらず、どういった住民が参加しているかなど、明らかにしていない』このことについて、県廃棄物リサイクル課の平見元通副課長は、『現地を見てもらい、がれき処理への理解を深めるため企画した。住民の理解を得るためにした説明の一環で事前には公表していない。誰が言ったかも、伊賀市民としか言えない』と話している。また、三重中央開発に要請している件について、内保市長は「県が働き掛けて住民を連れて久慈市に向かったと聞いている。県が同社と合意しても、地元住民の合意をえられなければ、受け入れる事はできない」と話している。』

また、この三重中央開発に対して、市民団体から次のような要望書が提出されていることも紹介したい。
『本日、三重中央開発に焼却灰を受け入れないよう要望書を提出。

平成24年9月26日
三重中央開発株式会社 代表取締役社長 金子文雄 様
                                   提出代表者
震災瓦礫広域処理に反対する・三重ネットワーク
代表 田中 宏樹
伊賀で有機農業に取り組む農業者 有志一同
代表 前田 洋
...
震災がれきの焼却灰受け入れ中止を求める要請書

初秋の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は産業廃棄物処理、エコリサイクル事業、地域振興及び地元雇用等、広く社会に貢献されていることに感謝と御礼を申し上げます。

 さて、この7月13日、鈴木英敬三重県知事が、災害廃棄物(以下「がれき」)の焼却灰を御社にて最終処分を要請され、御社ではこれを前向きに検討されていることを報道などで聞き及んでおります。しかし、私たちは、市民の同意も得ない知事の災害がれきの受け入れに対し、大きな不信と不安を抱いています。環境省が今年1月に出した、がれきに含まれる放射能が100ベクレル/Kg以下なら放射性物質として扱う必要はない、との告示は、それまで「放射性物質及びそれによって汚染されたもの」を除外していた廃棄物処理法の定義に全く反するもので、到底納得できません。放射能を含む廃棄物を、市町村の普通の焼却炉で燃やし、その焼却灰を普通の処分場に埋め立てるというのは、これまでどの国も行なったことがない暴挙であり、誰一人、安全など保障できないはずです。

 私たち、この土地を愛する地域住民、この土地で農業を営んでいる生産者、また当地域で事業を行なっている企業として、御社ががれきの最終処分を引き受けないことを強く要請いたします。がれきの受け入れは、風評被害のみならず実害をもたらす恐れが強いのです。それは、ひいては、御社従業員の被ばくをも招きかねず、労働者の健康と人権を守る上からも不適当だと考えます。また、伊賀地域は全国的にみても有機農業が盛んな土地です。生産者は、少しでも安全で安心な食べ物を、消費者、特に被災者へ届けたいと望んでおり、また消費者は、放射能汚染のおそれから、以前にもまして安全な食べ物を求め、当地の作物にはこれまで以上に大きな期待が寄せられています。農業と放射能は両立できず、生命と放射能も両立できません。

 長年にわたって当地で活動し、農園経営にも取り組んでいる企業として、どうぞ私たちの願いをお汲みいただき、地域の一員としてこの問題をお考えいただきたい。地域の子どもたちの将来を思いやっていただき、御社が私たちの要請にお応えくださるよう、ここに、地域で活動しているNGO,企業、市民団体の連名で要請いたします。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1104-76d6477d

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。