ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-11 [ Tue ]
テーマ:名張市議会

本日、一般質問の3日目ですが、同じ会派の心風会である森脇議員が市の考えについて質問したので紹介したい。

 名張市希央台の市公共施設用地で8月から営業を開始した「癒しの里 名張の湯」の入浴優待券を名張市が配布したことについて質した答弁の一部は次のとおりです。

 市によると、入浴優待券は市内に温浴施設ができたことを市内外に発信し、併設する「とれたて名張交流館」の利用者増にもつなげようと150万円の予算で7000枚用意。優待券を大人が使用した場合、入浴料の700円を市が代わりに支払うという。8月末現在で健康福祉に関係する団体やスポーツ団体などに約3500枚を配布し、約200枚程度の利用があったという。

 次に、森脇議員は議会の了承なしに事業を行ったことと、優待券が三重県庁や県議会、市内外の一部企業にも配られていることについて「どんな基準で配っているのか」と質問した。

 議会への事前説明についての解釈として、亀井市長は「議長に事前に協力を求め『市長の裁量圏内での議決案件のため、大いに頑張ってください』とのお言葉をいただいた」と説明した。

 優待券の配布先については「議長の許可を得て県議会、県内各市議会にも配布した。市内外から来てもらうため旅行事業者や運送事業者、自治体などに配布してお願いもしている」と説明した。

 亀井市長はこの優待券の事業について「これは晃商さんがやってくださいといったものでなく、あくまでも市が提案して行っていることを了解してほしい」と述べた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1084-40c98525

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。