ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-03 [ Mon ]
テーマ:合同防災訓練

 昨年、名張市で行われる予定が、台風の影響で中止になったが、本年は、防災の日」(1日)に合わせて2日、各地で防災訓練があった。東日本大震災や南海トラフ巨大地震の被害想定でクローズアップされた津波に備え、住民が高台に逃げるなど、地域の実情に応じた訓練が繰り広げられた。鈴鹿市では、「ヘリで搬送したり、家屋から救助する訓練などが行われた」ので報道から紹介しよう。


 『昨日、県と鈴鹿市合同の総合防災訓練が、同市石薬師町の県消防学校を拠点に市内各地で開かれ、警察や消防、医療機関など87機関と一般参加者ら約2千人が有事に備えた。

 南海トラフを震源とするマグニチュード(M)9・0の海溝型地震発生を想定した訓練で、県としては平成二十一年の四日市開催以来の総合訓練。三月の想定見直しにより、新たに津波浸水区域入りした同市天名地区などを中心に、各機関との連携を確認した。

 第一部では天名地区住民百五十人が三班に分かれ、自宅周辺の避難所に徒歩で避難。鈴木英敬知事や末松則子市長、中川正春内閣府特命防災担当大臣も各班に同行した。続いて搬送訓練として天名小学校の児童七十二人が末松市長と共に、同市庄野町の市河川防災センターからヘリで県消防学校へ移動した。

 第二部では、県消防学校を中部防災拠点に位置付け、ヘリ七台、車両八十九台が参加した大規模な訓練を実施。参加者は倒壊家屋や土砂に埋めた車両からの人命救助やライフライン復旧など三十二段階の訓練見学や、炊き出しなど防災啓発体験コーナーへの参加で防災への理解を深めた。天名地区の天栄中学一年、米川将斗さん(12)は「普段したことないのでいい経験。自分で自分の命を守るようにしたい」と話した。

 中川大臣は訓練後、先日発表された南海トラフの想定見直しについて、「ここを出発点に防災計画を充実し、自助共助を確立させて被害者をゼロに近づけることが本意」と話した。鈴木英敬知事は「参加者が自分主体でやるという思いを持ってくれたことが一番の成果」と講評し、末松市長も「防災力を高めていつ被災しても対応できるまちづくりを目指す」と続いた。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1070-ff90f1d5

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。