ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-03 [ Mon ]
テーマ:全国一斉に行われた学力調査 NO.2

 8月10日にこのブログでも紹介した文部科学省(8日)、全国の小中学生を対象に行われた学力調査の結果を発表したが、詳細も紹介しておきたい。

2012年4月、全国一斉に行われた学力調査。
全国の小学6年生と中学3年生を対象に、およそ3割の児童・生徒を抽出した方式で行われた。
2011年は、東日本大震災の影響で行われず、2年ぶりとなった2012年の調査では、これまでの国語や算数・数学に加えて、初めて理科も導入された。

今回の調査結果をもとに、FNNが総合的な平均正当率をまとめた都道府県別の学力ランキング。
そのトップに立ったのが秋田県で、2007年の調査開始以来、5回連続の1位となった。
全国学力調査で、2012年も1位となった秋田県。
そのわけについて、街の人に聞いた。
秋田県民は、「うれしいです」、「宿題が多いですよね。こんなに自分の時はなかった」、「基礎のドリルを繰り返すというのをやっているみたい。基礎学力が充実しているからなのかな」などと話した。
秋田県の教育委員会は「やっぱり、秋田の子どもたちが一生懸命頑張って、単純に全国平均との比較とはいいながら、いい結果を出しているということで、うれしく思いました」と語った。

これまでの調査では、上位の10県は、ほぼ同じ顔ぶれだが、実は前回の調査と比べると、ある異変があった。
2010年行われた調査での上位10県と、2012年の上位10県では、大きく順位を変えた県が2県ある。
まず、2010年は6位だった鳥取県だが、2012年は19位と10位圏外となってしまった。
その一方で、2010年は28位だった茨城県が、2012年はなんと一気に8位まで順位を上げた。
13ランクも下がってしまった鳥取県。
街では、驚きとともに「何が原因なのかはわからないですけど、子どもの将来のことを考えると、ある程度の学力が必要と思うので。残念というか心配」などという声が聞かれた。
鳥取県の教育委員会は「危機感を持って、具体的に(結果を)見ていきながら、できているところとできていないところを、真摯(しんし)に分析するしかない」と語った。

そして、前回の28位から8位へと大きくジャンプアップし、いきなりトップ10入りした茨城県。
その躍進のわけを、県の教育委員会に聞いた。
茨城県の教育委員会は「35人学級を基本的に考えまして。(以前の1クラス)40人に比べて、35人になると、学習内容の定着も上がったと考えています」と語った。
茨城県内にある公立の小中学校では、これまで小学1~2年生しか実施してなかった児童数35人以下のいわゆる少人数クラスを、2010年から小学3・4年生と中学1年生でも導入した。
この新しく少人数クラスになった子どもたちが、今回の学力テストを受けていた。
水戸市立浜田小学校の校長は「子どもたち1人ひとりに教師の目が届く。1人ひとりに個人指導ができる。そういうことで、成果が非常に上がっている」と語った。
文部科学省の分析では、学力が上位の県には、早くから少人数教育に取り組んでいるという傾向があるという。
また茨城県の教育委員会によると、勉強の内容が難しくなるといわれている小学4年生と5年生は、夏休みに最大5日間、補習授業を行うといった独自の取り組みも行っているという。
少人数クラスと夏休みの補習授業。
茨城県のこうした取り組みが、学力向上につながっているのかもしれない。

一方、下位で注目されるのが、2012年ワースト2位となった大阪府。
この学力調査について、知事の時代から持論を展開してきた橋下大阪市長にとっては、頭の痛い結果かもしれない。
2009年1月、当時の橋下大阪府知事は「学力も低かった。体育も低かった。これで何が残るんだと」と述べていた。
2012年の調査で順位を2つ下げ、ワースト2位となった大阪府。
大阪府といえば、2008年に当時府知事だった橋下大阪市長が、序列化につながるとして、市町村別の成績公表を禁止している文部科学省に対し、「ばか」と発言した。
また、いわゆる学力ランキングの公表が、いい意味で競争心をあおるだけでなく、教育対策にもつながり、学力向上にもつながるなどと主張した。
2011年からは、大阪府独自の学力テストも実施している。
しかし、2012年の結果はワースト2位だった。
大阪府民は、「恥ずかしいですよね。下がったということはね」、「最悪ですね。(教育に携わる)先生方を、まず教育すべきやな」、「橋下市長が力を入れているからね。今後、良くなっていくちゃうかな」などと話した。
はたして、学力向上に必要なものとは。
調査は、2013年も行われることになっている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1069-0c2d5d3d

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。