ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-03 [ Fri ]
テーマ:バングラディッシュ  No.2

 本日の情報ニュースを見てみますと次のような内容が流れています。

『茶番劇に時間を割かれ、日本がもたもたしている間に、世界では色々なことがものすごいスピード感で変化しています。特に「インド洋ベルト」と呼ばれるインド洋を取り囲む国々では、次の経済モデルを目指し、色々な国で新たな試みが行われ、また「相互に強みを生かした諸外国との連携」が、様々な国で強化されている。そんなニュースを多く目にします。それに比べ、日本はどうか。

 特に、中国を中心とした韓国・ASEANといったアジア地域。そしてアラブ圏を中心とした中東・アフリカ地域においては、その変化、スピード感は目を見張るものがあります。映画ハゲタカの中で出てきた金融危機後の一つのストーリー。倒れそうな日本の企業(この映画の中では日本の大手自動車会社でした)、しかしその素晴らしい技術力は世界に誇るものを持ち、その技術力を救うため、或いは技術力を手に入れるため、中国の政府系ファンドとアラブの政府系ファンド、この2つのファンドが買収合戦を繰り広げました。

 いま、中国を中心としたアジア圏と、アラブを中心とした中東アフリカ圏に、潤沢な資金力があり、その資金を次世代に生かすべく、世界のあらゆる事業に様々な分野で投資を行っています。中国が投資をしているものに、アフリカの鉱山・農地、そしてアイスランドの土地、など様々な国の様々な案件がありますが、中国が喉から手が出る欲しいそんな投資先が、「シーレーン」と呼ばれる海のシルクロード。スリランカのコロンボ港のお話をしましたが、今日はコロンボ同様に深海港で有名なチッタゴン港のお話をします。

 近年、中国とバングラデシュの関係は全面的にレベルアップし、全面的に発展しています。双方の閣僚級の接触は頻繁に行われ、経済貿易関係と重大なプロジェクトの協力は積極的進展を収め、人員交流は絶えず拡大している状況。中国側はバングラデシュとの関係を非常に重視しており、今後もバングラデシュの経済と社会の発展のために力の及ぶ限りの援助を提供し、国際・地域問題でのバングラデシュ側との連携を強化し、両国関係を全面的に深めていく。また、バングラデシュのディプモニ外相は一つの中国政策を断固として推進していくと重ねて表明しており、バングラデシュの経済と社会の発展を促すために中国側が支援を提供していることに感謝するとともに中国側と共に努力し、各分野の交流と協力を拡大し、両国の協力のレベルを絶えず引き上げていきたいと述べています。

 バングラデシュは、世界の中でも非常に強い親日感情を持つ国で、日本との強いパートナーシップを望んでいます。しかしまだまだ日本とバングラデシュの経済的つながりは小さく、一部の企業を除いて、バングラデシュとのつながりはなかなか進みません。そのような状況を尻目に、バングラデシュに急接近しているのが中国。バングラデシュに、チッタゴンという都市があります。チッタゴンはバングラデシュ第2の都市で、かつ国内最大の港でもあります。チッタゴンは歴史的に、数千年に渡って交易地として繁栄してきました。チッタゴン港は、河口から数キロ内陸へ入ったところにも停泊できる、天然の良港で、しかも大型船舶が停泊するのに必要な「深さ」を持っています。

 巨大なオイルタンカーやコンテナ船が入港するには一定の深さが必要で、チッタゴン港は「世界でも有数の深海港」と言われる所以で、中国はここにコンテナや石油関連施設の整備を進めているのです。バングラデシュ政府が、中国の軍事・石油施設をここに受け入れ、同港の利用を認めているという事実から、みなさん何を感じますか?

 インドシナ半島の国境を越えた物流網、「東西南北回廊」のお話は、以前からワールドインベスターズTVでもお伝えしてきました。2009年、バングラデシュ最大の港チッタゴンからミャンマーを抜けて、中国南部の雲南省・昆明を結ぶ全長900kmにもおよぶ高速道路建設があります。これは、中国・バングラデシュ・ミャンマーの3カ国で合意した巨大プロジェクト。これは色々あるアジア連携の中のひとつにすぎません。

 こういった相互連携を急速に進めているのが、いまのアジア。そして諸外国との連携どころか、くだらない茶番劇が世界に発信され、ますます見放されていく日本。非常に危機的な状況だとは思いませんか?いまの政治家は自分の保身ばかりで、何もやってくれませんから、この危機的な状況にある日本を、ひとりひとりが真剣に受け止めて、「世界の中の日本」という存在価値を、考えていなくてはいけません。』

 ”今のアジアに注目ですよ!”
三重県は、台湾との連携を強めています。名張市は、何とかしなければなりません。ご協力お願いします! 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1024-3660a32e

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。