FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2013-05-01 [ Wed ]
テーマ:がん受診率向上

中日新聞によると 国内で死因の最多を占めるがんの検診受診率向上に向けて、三重県内の生命保険会社と金融機関の5社が5月から、啓発チラシを配ったり受診者への特典を設けたりする。県内の受診率は県の目標を大幅に下回っており、5社は「がんの早期発見、早期治療の促進に貢献できれば」とサービスを決めた。


 チラシを配るのは第一生命保険三重支社(津市)で、三百五十人の保険外交員が県内で営業する際、訪問先で手渡す。A4判のチラシには、県内の受診率や診療の相談窓口のある病院一覧などを掲載し、啓発に役立てる。


 桑名、北伊勢上野、三重、紀北の四つの信用金庫は合同で、がん検診を受けた人を対象に金利を0・15%上乗せする定期預金を一日から始める。預金額十万~三百万円が対象で、適用期間は一年。四月以降に受診した際の領収書などを持参してもらい、確認する。


 県は各種がんで、二〇一七年度までに検診の受診率を40~50%にすることを目標にしている。だが、最新の一一年度統計で乳がん検診の受診率は19・8%、子宮頸(けい)がん28・3%、大腸がん23・4%、胃がん7・2%、肺がん19・9%と依然低調だ。


 こうした状況から、五社が県へ協力を申し出て三十日、県庁で協力を約束する協定を県と結んだ。鈴木英敬知事は、出席した五社の代表者に「県内では年間五千人前後ががんで亡くなっている。PR活動は行政だけでは十分でない」と協力に礼を述べた。
スポンサーサイト



 | HOME | 

2013-05

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR