ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-31 [ Fri ]
少し大きい文字テーマ:議員不祥事

 昨年四月の伊賀市議会副議長選をめぐり、贈賄の疑いで奥邦雄容疑者(71)、受託収賄の疑いで坂井悟容疑者(59)が二十九日夜、県警捜査二課と伊賀署に逮捕された。同市では七月、内保博仁市長が二〇〇九年に市の発注工事を受注した市内業者の男性社長らと旅行したことが発覚したばかり。立て続けの不祥事に伊賀市議や伊賀市民からは落胆の声が相次いだ。このような新聞報道が各紙が出ているので一部を紹介したい。

 『北出忠良議長は両容疑者の逮捕直後、緊急の記者会見で頭を下げた。他の市議が坂井容疑者から現金を受け取った可能性については「一切知らない。司直の捜査に委ねたい」と距離を置く考えを示したが、ある市議は「議会全体の責任でもある。議会が独自に調べる必要もあるのでは」と話す。

 続く不祥事に、市内の四十代の会社員女性は「他にもあるのではないか-と疑ってしまう」。坂井容疑者の地元、旧伊賀町の七十代男性は「市と議会は、一緒にやり直すつもりで改革してほしい」と注文した。

 市議会は〇七年、住民への議会報告会の実施や、執行部が市議に逆質問できる「反問権」を定めた議会基本条例を全国の市で初めて制定。先進例として全国から注目を集めていた。ある市議は「議会の信頼は地に落ちた。せっかく、開かれた議会づくりに力を入れてきたのに」と嘆いた。

 奥容疑者の地元、旧阿山町で農業を営む六十代男性は「目新しいことをする前に、議員として最低限の常識を考えてもらいたい」と切り捨てた。

 内保市長は三十日、「議長から報告を受けた後に言及したい」とのコメントを発表した。

◆31日に全協で対応議論 
 市議二人の逮捕を受け、伊賀市議会の北出忠良議長は三十日の囲み取材で、今後の対応を話し合う議員全員協議会を三十一日に開くことを明らかにした。

 報道内容を説明した後、市議から意見を出してもらう形式を想定しているという。

 北出議長は「今後、このようなことが起きないために、議員個々人の質を高める必要がある」としながらも、特別委員会の設置など具体的な対応策については明言しなかった。

 また「いろんな声が出る中で、議会として何をするべきかという方向性が見えてくると思う」と述べた。』

 
スポンサーサイト

 | HOME |  »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。