ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-31 [ Sun ]
テーマ:議員研修

 昨日と今日ですが、京都に研修に行ってきました。内容は次のようなカリキュラムで行いましたが、「議会改革の到達点」というテーマですので、非常に有意義な1日半でした。

<内容>
●視察日時:2011年7月30日(土)14時~17時30分 
          7月31日(日)9時30分~15時30分
●場所:7/30 京都産業大学
     7/31 龍谷大学深草キャンパス
●参加費:議員・議会事務局10,000円   
 主催:市民と議員の条例づくり交流会議
 共催:日本公共政策学会関西支部
     龍谷大学 地域公共人材・政策開発リサーチ・センター
●研修者:会派みらい 幸松孝太郎

1.2011第4回日本公共政策学会関西支部研究大会の概要
 日本公共政策学会関西支部では、第4回目となる支部大会を開催したわけですが、今年は近年問題となっている地方議会のあり方について論ずるシンポジウムです。
 この研究大会を共催する「市民と議員の条例づくり交流会議」は、2001年の第1回開催以来、市民や議員、自治体職員や研究者らが、知恵や経験を共有し、互いに学びあい提起しあうために交流する場として開催してきました。2008年以降、それまでの交流会議の経験と共感の輪を礎に、自治体議会の改革や市民自治体づくりなど、市民立法による課題解決や政策実現のための具体的な活動や実践交流を行っていくための会員組織として活動しています。
 ともすれば首長の活躍が目立つなか、これから地方議会はどのような役割を果たすべきなのか、政治家、首長経験者、研究者を交えて、各市町の議員と活発な議論を行いました。
 また、自治体議会改革フォーラム発足から4年。自治体議会はどこまで変わったか。そして、議会改革の現段階と到達点、いま問われる実践課題、市民の議会づくりについても全体会・分科会で議論させていただきました!

2.プログラムと概要
【第1日目=7月30日(土) 特別分科会】
□特別分科会 :京都産業大学 5号館4階 5406教室
15:30~ シンポジウム「地方議会改革」(共催:日本公共政策学会関西支部)
    〈パネリスト〉
       村山祥栄さん(京都党)、辻陽さん(近畿大学)、 富野暉一郎さん(龍谷大学)、渡辺裕さん(四條畷市議会)、 安本美栄子さん(伊賀市議会議長)
【第2日目=7月31日(日) 全体会&分科会】
 □全体会 於:龍谷大学 深草学舎 21号館 603号室
09:30  あいさつ
09:40  実態調査2011の報告  長野基さん(跡見学園女子大学)
09:55  この4年間の総括 廣瀬克哉さん(自治体議会改革フォーラム代表/法政大学)
     コメンテーター:三谷哲央さん(三重県議会議員)、大同衛さん(京丹後市議会議員)                                    
10:45  分科会紹介(各15分)
11:00  終了
□分科会
◎第1分科会「市民の議会をどうつくる?」 
 首長対議会という構図の中で、議会改革が問われている。しかし本来は市民が首長と議会という二つの代表機関をどう使いこなしながら自治体を運営していくかが問われているはずだ。市民の議会をどうつくるかが、議会改革の核心である。市民と議員の討議のなかで次の改革課題を考える。

◎第2分科会「総合計画とどう付き合うか」 
先の自治法改正で、市町村基本構想の策定と議決に関する義務が廃止された。議会は地域の総合計画に対し、どうイニシアティブを発揮すべきか。 総合計画に議会としてどう向き合うべきかを考える。

◎第3分科会「復興計画と議会」  
大規模災害からの復興のあり方を包括的に決定する「復興計画」。時間的制約の大きい復興計画の策定過程に、議会はどのように関与していくべきか。市民参加のあり方なども含みつつ、「復興計画」のあり方と議会の役割を討議する。

◎特別分科会                              21号館 604号室
開催校企画 「議会議員の能力開発を考える:報告と「質問力研修」デモンストレーション」
 議会と長という二元代表制のもとで議会が果たす機能・役割の重要性が高まれば、それを支える議員の「力」はますます重要となります。本分科会では「市民の議会」を支える議員の政策形成能力の開発について、報告と本年1月に実施した研修のデモンストレーションを行います。議会での一般質問に焦点を当て、実際に行われた一般質問を議員自身とアドバイザーが分析・検証し、一般質問の機会を活用する「質問力」の伸長をめざす研修のデモののち、分科会参加者と質疑応答やグループワークを行いました。
  企画責任者:土山希美枝さん(龍谷大学)
  なお、プログラムの詳細については、別紙をご覧下さい。
  本分科会は、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチ・センター(LORC)が主催しました。

11:15  開会 司会:林田久充さん(草津市総合政策部理事兼草津未来研究所副所長)
11:25  報告「議会議員の能力開発機会について」  窪田好男さん(京都府立大)
11:45  報告「LORC「質問力研修」の企画と試行」  土山希美枝さん(龍谷大学)
12:00  一般質問の使われかたを考える:「こんなのあるある」
      協力:塩見牧子さん(生駒市議会副議長)ほか有志議員
12:30  お昼休み
13:30  「質問力研修」デモンストレーション
     デモンストレーター
       勝井太郎さん(宇陀市議会議員)/小林美智子さん( 茨木市議会議員)/
       佐々木允さん ( 田川市議会議員)/塩見牧子さん(生駒市議会議員)/
       谷祐治さん(大津市議会議員)
     デモンストレーター(アドバイザー)
       南島和久さん(神戸学院大学)/ 西田俊之さん(熊本大学工学部 講師)
14:15  グループワーク(参加者35名) 、参加型質疑応答
     コメンテーター
      青山崇さん(多治見市企画部長)/ 本荘重弘さん(川西市総合政策部長 )/
       室雅博さん(社団法人奈良まちづくりセンター理事長)
15:15  まとめ、総括
15:30  終了

この4つの分科会の内、特別分科会のノウハウは、次回9月市議会の一般質問でお示します。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。