ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-29 [ Wed ]
<質問>
 2007年4月からの職員人件費5%カット、市民サービスに影響する事務事業の削減見直しなどを取組んできたわけですが、市民にとって理解できないのは、約60億円近くの成果をあげた改革をしているのに、ちっとも市民の皆様に実感がないことです。その上、貯金である基金が2002年には約37億あったものが、昨年には約32億円と約5億円も減少しており、また借金である市債残高も2002年の484億円から昨年には約533億円と約50億円増加し、昨年だけでも約20億円増加していることです。
 この20億円の原因が、公共下水道整備事業や消防庁舎総合整備事業など巨額の事業の借入額の要因と皇學館大学の撤退による和解金費用など多額の支出金要因とお聞きしていますが、このような貯金を取り崩し借金が増えている名張市の現状を市民は理解しているとは言えません! 

<企画財政部より、答弁後のすり合わせした回答から、下記は私の感想です。>
1.市政一新プログラム(H15~18年度)54.3億円 (H19~20年度)17.47億円 計約72.1億円が増加しないで、抑制された効果額でした。

2.貯金である基金は、H14の36.77億円が、H21には31.9億円に 計4.87億円に減少

3.借金である市債残高は、最終的には 「4.2億円」が減少
  H14 市債残高 484.8億円 - 臨時財政対策債 10.9億円 =473.5億円
  H21 市債残高 537.8億円 - 臨時財政対策債 68.5億円 =469.3億円

4.2と3の結果、
平成14年から平成21年までの結果、4.87億円-4.2億円=0.67億円目減りしたことが判明。

5.この8年間にどちらも変わっていないことが、正に名張市の現状です。今後の財政には目を光らせながら
夢や希望のもてる名張市にするために、みなさんと一緒になって作り上げましょう。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

2010-09

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。